2018.04.27

「柏で不遇の助っ人」がFC東京で大暴れ。
無敗の首位・広島を撃沈!

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 両者のポイント差が「9」も離れているため、首位攻防戦と呼ぶにはやや緊迫感に欠けた。それでも、好調チーム同士の一戦であることに変わりない。無敗で首位を独走するサンフレッチェ広島に対し、追いかける2位のFC東京がどのように立ち向かうのか。水曜日に味の素スタジアムで行なわれた一戦は、そういう試合だった。

現在7ゴールで得点ランキング1位に並んだディエゴ・オリヴェイラ 広島の躍進の要因は、9試合でわずか2失点の堅守にある。難攻不落と思われる紫の牙城をいかに攻略していくのか。FC東京のテーマは、その一点に集約されていた。

 しかし、そのミッションはあっさりとクリアされる。開始5分にPKで先制点を奪うと、4分後にも追加点を奪取。1点獲れれば御の字、2点獲ったら万々歳と思われたが、わずか9分間でFC東京はこれ以上ない最高の状況を手に入れた。

 よもやの展開を演出したのは、FWディエゴ・オリヴェイラだ。今季、柏レイソルから期限付き移籍してきたこのブラジル人ストライカーは、長谷川健太監督の言葉を借りれば「オールマイティな選手」である。

 強さあり、速さあり、高さあり、うまさあり――さらには献身性まで兼ね備える。「いくつも武器がある、今までにはない助っ人」(長谷川監督)は、その特長を重要な一戦で遺憾なく発揮してみせた。

 立ち上がりにバイタルエリアでボールを受けると、果敢に仕掛けてPKを獲得。これを自ら冷静に蹴り込むと、9分には高い位置でボールを奪った味方のパスに反応し、FW永井謙佑のゴールをお膳立て。いずれもキレのある動き出しとスピードで相手守備陣を翻弄し、ふたつのゴールを導き出したのだ。

「前のふたりが攻撃でも守備でも、スイッチを入れてくれているので助かります」

 司令塔のMF髙萩洋次郎が話すように、今のFC東京の好調はディエゴ・オリヴェイラと永井の2トップによるところが大きい。オールマイティな前者に対し、後者は圧倒的なスピードが武器。このふたりが攻守両面で大きなカギを握っている。