2018.02.25

「かつての広島」はもういない。
ミシャ率いる札幌に勝っても前途多難

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

「なにより勝ち点3が取れたのはよかった。アクシデント(DF千葉和彦の負傷)もありましたけど、そのなかでもみんなで身体を張って何とか守り切れた。そうやっていかないと、僕たちは勝てないので」

 DF水本裕貴は試合後に神妙な様子で、そう振り返った。

「かつての広島」を知る青山敏弘は現状をどう思っているのか 続いて取材エリアにやってきたMF青山敏弘も、同様の言葉を並べる。

「とりあえずよかった。今はどんな内容でもいい。去年なかなか勝てなかったから、勝つことがなによりも重要だった」

 今季のJ1リーグ開幕戦。ホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えたサンフレッチェ広島は、前半に奪ったゴールを守り抜いて、1−0で勝利を収めた。しかし、選手たちの言葉にあるように、内容は乏しく、ただ勝っただけの試合だった。

 もちろん、シーズンの行方を左右する開幕戦では、結果がなにより重要だ。だが、複数人が連動し、面白いようにパスがつながるサッカーで栄光を掴み取った”かつての広島”の姿は、そこにはなかった。

 最後まで残留争いを強いられるなど低迷を極めた昨季の段階で、すでに”らしさ”などなくなっていたという指摘もあるだろう。それでも、人とボールが動き、観る者の心も動かす「ムービングフットボール」を高らかに掲げる城福浩新監督が就任し、補強策にも成功したことで、筆者はひそかに魅力的なスタイルの復活を期待していた。

 しかし、ピッチ上で示された広島のサッカーを目の当たりにし、あまりにも寂しい現実を突きつけられたのだった。

 前半は、決して悪くなかった。慎重に試合に入った札幌に対し、積極的にボールを奪いにいくと、両サイドのスペースを巧みに突いて相手ゴールに迫っていく。そこで得たコーナーキックもビッグチャンスを生み出し、ゴールの予感を十分に漂わせていた。

 そして迎えた28分、左サイドのMF柏好文からのクロスを、タイからやってきた”英雄”FWティーラシンが打点の高いヘッドで合わせて先制ゴールを奪取。狙いのサイド攻撃と期待の新助っ人の活躍で、広島は幸先のいいスタートを切った。