2016.12.30

川崎が初タイトルへ。
このメンバー最後の試合で鹿島にリベンジなるか

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

 天皇杯準決勝。川崎フロンターレは大宮アルディージャを1-0で破り、初の決勝進出を果たした。これまで何度も、最後の最後でタイトルを逃してきた「シルバーコレクター」の川崎だが、悲願の初タイトル獲得へあと1勝に迫った。

試合後、大久保(左)と喜びを分かち合う中村(右)

 そう簡単にはタイトルを取らせてはもらえない――。そんなことをあらためて思い知らされるように、川崎は苦しい戦いを強いられた。

 川崎は本来、圧倒的にボールを支配し、相手を押し込んで試合を進めるのが自分たちのスタイルである。ところが、この試合、より長い時間で相手を押し込み、多くのチャンスを作ったのは大宮のほうだった。

 川崎にはパスミスが目立ち、いつになく簡単にボールを失うシーンが多かった。その結果、大宮に効果的な攻撃を許し、次々にゴール前まで攻め込まれた。

「ケガ明けの選手もいて、ボールを持つという意味では、一人ひとりのパフォーマンスはよくなかった」

 川崎の風間八宏監督がそう振り返ったように、運動量と出足のよさで上回る大宮が、明らかに試合の主導権を握っていた。だが、指揮官が「それでもそう簡単にはやられないだろうなというところを見せてくれた。そこは成長したところだと思う」と話した通り、大宮がチャンスを逃し続けるうち、試合の流れは川崎に傾き始める。