2015.07.22

福田正博が解説。
「ゴール職人」佐藤寿人のすごさはどこにある?

  • 津金一郎●構成 text by Tsugane Ichiro

 佐藤寿人(広島)がJ1の2ndステージ開幕戦の仙台戦で2ゴールを決め、01年(当時ジェフ市原所属)に初ゴールを決めてから積み上げてきたJ1リーグ通算ゴール数を154に伸ばした(J2通算得点は50)。 

 あと3ゴールで歴代1位の中山雅史氏の157ゴールに並ぶ。寿人が記録を更新するのは時間の問題だろう。

今シーズン、7月20日時点で9ゴールの佐藤寿人 photo by Matsuoka Kenzaburo  寿人は身長170cmと、高さに恵まれているFWではなく、スピードやドリブルもズバ抜けているわけではない。それでも、2004年から毎年二桁得点を記録し続けており、2012年にはシーズン22ゴールで得点王にも輝いている。

 彼の最も優れている点は、ボールのないところでの動き、「オフ・ザ・ボールの動き」だ。

 ゴール前でパスを受けても、角度や体勢が悪いと難しいシュートになってしまい、ゴールが決まる確率は低くなる。だが寿人は、ゴールの確率を高めるために、体の向きやポジショニングを常に意識し、難しいシュートを打たなくてすむように、少しでも簡単なプレーでゴールを決めようと準備をしている。そして、そのための相手DFとの駆け引きや動き直しを、90分ずっと続ける。

 だからこそ、ワンタッチでゴールを決めることができるのだ。