2014.10.18

U-19、4大会連続敗退。日本はアジアで見下されていた

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 10月17日、ミャンマー・ネピドーでU-19アジア選手権の準々決勝が行なわれ、日本は北朝鮮に1-1からのPK戦(4-5)の末、敗れた。

 最大の目標だった準決勝進出を逃した日本は、この大会の上位4か国に与えられるU-20W杯(2015年ニュージーランド大会)への出場権を失うとともに、その不名誉な記録を4大会連続まで伸ばした。負の連鎖はまたしても止められなかった。

4大会連続で世界切符を逃したU-19日本代表。 準々決勝の北朝鮮戦は、どこかちぐはぐだった今大会の日本の戦いぶりを象徴するような試合だった。

 試合序盤、ペースを握ったのは明らかに日本である。前半12分にFWオナイウ阿道が得た決定機をはじめ、前半30分までにいくつかあったチャンスのうち、ひとつでも決めていれば、日本は問題なく勝利していただろう。

 ところが、チャンスを生かせないばかりか、前半36分にミスが絡んで北朝鮮に先制を許してしまう。後半38分、FW南野拓実のPKで同点に追いつくことはできたものの、守りを固め、最後は時間稼ぎに精力を傾ける北朝鮮に手を焼いた。結局、勝ち越せないまま、延長戦を含めた120分間の試合が終了した。

 PK戦では5人全員が決めた北朝鮮に対し、日本は5人目の南野がGKにセーブされて万事休す。世界行きのキップを北朝鮮に譲ってしまった。

 とはいえ、育成年代を評価するとき、結果ばかりに目を奪われていても意味がない。ましてや最後は(運の要素が小さくはない)PK戦決着である。仮にPK戦に勝利してU-20W杯に出場できていたとして、それで評価が大きく高まるのもおかしな話だ。

 そこで、世界大会出場を逃した苛立ちや悔しさは抑えて、大会を通じての日本の戦いぶりを振り返ってみたい。