2012.10.18

【フットサル】元日本代表選手が分析する『キング・カズが覚えるべきこと』

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva
  • photo by futsal graphic

カズがフットサルW杯で活躍するためには、やらなければならないことが山ほどある。『キング・カズ』こと横浜FCの三浦知良が、フットサル日本代表に選ばれ、フットサルで悲願のW杯出場を果たさんとするストーリーが、各メディアで盛り上がりを見せている。しかしサッカーとフットサルでは、ピッチやボールの大きさだけでなく、技術、戦術などあらゆる面で大きな違いがある。さすがのカズも、フットサルで活躍するためには、乗り越えなければいけないハードルが多々あるという。

 そこで今回、元フットサル日本代表の金山友紀に話を聞いた。2009年以降、世代交代を推し進めるミゲル・ロドリゴ監督の方針で代表からは離れているものの、金山は現在もFリーグのペスカドーラ町田で高いパフォーマンスを披露しているトッププレイヤーだ。そして彼は、2001年の木村和司監督時代のフットサル日本代表メンバーでもある。木村監督は当時、鈴木正治(名古屋グランパス※最終所属チーム。以下同)、田北雄気(浦和レッズ)、佐々木博和(セレッソ大阪)ら多数の「元Jリーガー」をメンバーに加えて、アジア選手権に挑んだ。つまり、金山はサッカー選手がフットサルに合ったプレイに切り替える難しさを間近に見てきて、カズの現状を最も理解している人間なのだ。

 そんな金山に、フットサルとサッカーの違い、そしてサッカー選手がフットサルに順応するためにはどういったことをクリアしなければいけないのか、解説してもらった。

(1)緻密なディフェンスの実践

「前線でひとり抜かれたとしてもカバーする選手がいるサッカーと違って、フィールドプレイヤーが4人しかいないフットサルでは、ひとり抜かれただけで決定的なピンチを迎えてしまいます。それだけに、フットサルではすべての選手に高い守備力が求められ、緻密な守備戦術のやり方を覚えて、こなせるようになることが、何より重要です。サッカー選手、特に攻撃的な選手にとって、この守備戦術を習得し、実践することがいちばんの課題になると思います。