2012.06.15

【Jリーグ】福田×名波が語る
「ガンバ、柏、名古屋の巻き返しはあるか?」

  • 小室 功●構成 text by Komuro Isao
  • 益田佑一●撮影(対談) photo by Masuda Yuichi

序盤戦は苦しい戦いが続いたガンバ大阪。チームの顔である遠藤保仁(左)のプレイも精彩を欠いていた。photo by Getty Imagese福田正博×名波浩
Jリーグ序盤戦総括(3)

福田正博氏と名波浩氏がJリーグ序盤戦を検証する第3弾のテーマは、「期待はずれのチーム」。両氏がすかさず名前を挙げたのは、第13節を終えた時点でJ2降格圏内の16位に止まっているガンバ大阪だ。強豪チームの思わぬ低迷の原因を究明し、浮上のポイントを探っていく。

――好調な滑り出しを見せたチームもあれば、もたついているチームもあります。特に期待を大きく裏切ったチームを挙げるとすると、どこですか?

名波 それはもう、ガンバ大阪でしょ。自分は、開幕前の予想で優勝候補に挙げていたし、FWのラフィーニャも得点王候補に指名していた。

福田 最近、ラフィーニャは試合にもあまり出ていない。

名波 そう。「出てないって、どういうこと?」って感じですよ(笑)

福田 ゴール数は……、3得点!?

名波 少な過ぎますよね。

福田 ラフィーニャもそうだけど、チーム全体として点が取れていない。昨年と比べて、ここが明らかに問題だね(12試合を消化した時点で、昨季は27得点、今季は15得点)。

名波 得点15、失点25。この数字がひっくり返っていれば、間違いなくトップ3に名を連ねるチームなんだけど……。