2022.08.04

E-1サッカー選手権で猛烈アピール。福田正博が考えるカタールW杯のメンバー入りの可能性がある2人とは?

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by Sano Miki

福田正博 フットボール原論

■サッカー日本代表は、国内組を中心としたメンバーでE-1サッカー選手権に臨み、見事に優勝。活躍をアピールした選手も多く出た。今大会からカタールW杯のメンバーに入るのは難しいとされるが、それでも福田正博氏は、今後の日本代表活動にも招集され、本番でメンバー入りする可能性があるとする、2人の選手を挙げた。

いいアピールをした選手がいた

 国内組を中心に臨んだE-1サッカー選手権で、日本代表は3戦目で韓国代表を3-0で下して優勝した。4大会ぶり2度目のタイトル獲得となったが、大会の格付けにかかわらず、どんな大会でも頂点に登り詰めることには意義がある。

 ただ、この大会でそれ以上に注目されていたのは、日本代表選手それぞれのパフォーマンスだろう。11月末から始まるカタールW杯のメンバーに名乗りを挙げられるかという点だった。

E-1サッカー選手権での活躍で、自らをアピールした橋本拳人E-1サッカー選手権での活躍で、自らをアピールした橋本拳人 この記事に関連する写真を見る  日本代表入りへのサバイバルと煽る気はない。森保一監督は2018年から4年間かけて選手選考を重ねながら、カタールW杯を戦える日本代表をつくりあげてきた。それだけに、今回のE-1組の選手たちが新たにカタールW杯のメンバーに食い込もうとするなら、よほどのアピールがなければと難しいだろうと思っていた。

 しかし、その点で数人の選手は、今後の日本代表活動に招集してもいいのではないかと感じるプレーを見せてくれた。

 まず、谷口彰悟と山根視来(ともに川崎フロンターレ)については、W杯アジア最終予選から日本代表活動に参加しているので、今後もカタールW杯へのメンバー候補に残るはずだ。センターバック、サイドバックともに、故障を抱える主力選手の今後の状況次第では、彼らの存在価値がもっと高まる可能性もある。そうしたなかでE-1でも安定したプレーを見せてくれたことに安堵している。

 アピールという点で言えば、相馬勇紀(名古屋グランパス)と橋本拳人(ウエスカ)はカタールW杯に向けて、継続してチャンスを手にできる結果を残したのではないかと思う。