2022.06.13

U−19日本代表初陣、輝きを放ったダイヤの原石たち。日の丸を背負う意識が芽生えて「キャラ変」した選手も…

  • 了戒美子●取材・文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by AFLO

U−19日本代表「ダイヤの原石」@国内組編

 南フランス開催のモーリスレベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)に参加したU−19日本代表は、2003年1月1日以降生まれを対象とする世代だ。

 本来であれば、U−18時代の昨年に立ち上げを行ない、2年間の活動を通してU−20ワールドカップを目指す。だが、新型コロナウイルスのあおりをモロに受けて、2021年の活動はなし。今年2月にようやく活動をスタートさせ、3回の国内合宿を行なったのち、5月末からの同大会に参戦した。

 今大会のU−19日本代表は、U−21アルジェリア代表に1−0、U−21コモロ代表に0−0、U−19コロンビア代表に1−2の成績でグループリーグ2位となり、順位決定戦でU−20アルゼンチン代表に2--3で敗れ、6位という結果に終わった。

 今回、このモーリスレベロトーナメントに出場したメンバーのなかから、気になる選手を「国内組編」「海外組編」に分けてピックアップする。まだまだ成長段階にあるチームだけに、いつ、誰がブレイクしてもおかしくない。

U−19日本代表のエースになり得る逸材のFW北野颯太U−19日本代表のエースになり得る逸材のFW北野颯太 この記事に関連する写真を見る ★北野颯太(きたの・そうた/MF/17歳/セレッソ大阪)

 2004年8月13日生まれ、和歌山県出身。今年2月にC大阪のトップチーム所属となり、3月2日のルヴァンカップ・鹿島アントラーズ戦でプロ初ゴールを挙げた。17歳6カ月17日での得点は、ルヴァンカップ史上4番目の若さ。172cmと上背はないが、スピードとテクニックが光るストライカーである。

 モーリスレベロトーナメントの初戦アルジェリア戦では、後半の57分に殊勲の1ゴールを記録。後方から山なりで来たボールの対応を相手DFが目測を誤り、その隙を見逃さずに裏へ抜け出してGKと1対1。最後は左足を振り抜き、ネットを豪快に揺らした。

「こぼれてくるなとわかっていた。うれしかったっす」とシンプルに喜びつつも、「もっと点を獲るチャンスもあったし、細かいちょっとしたパスのズレだったり、質だったり、改善する余地がある。そこは改善しながら、引き続き点には絡んでいきたい」と課題も口にした。