2022.03.23

直近の五輪世代が果たしてきたW杯出場を決定づける大役。今回のオーストラリア戦では誰が?

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 いきなり初戦でオマーンに、それもホームで敗れたのを端緒に、日本の苦戦が目立ったワールドカップ最終予選も、残すところ2試合。どうにか成績が上向いた日本は、次のオーストラリア戦に勝てば、7大会連続となる本大会出場が決まる。

 前回のオーストラリアとの対戦は、昨年10月。この時は、日本がホームの埼玉スタジアムで2-1と勝利しているが、思えば、この試合がそれまでの悪い流れを変えるきっかけだった。

 日本はいきなりの敗戦に続き、3戦目でもサウジアラビアに敗れ、1勝2敗と黒星が先行して迎えたこの試合で、森保一監督は、従来の4-2-3-1から4-3-3へと布陣変更を決断。それと同時に、3ボランチというべき中盤の3枚に、遠藤航、守田英正、そして、これがW杯予選初出場となる田中碧を抜擢した。

 結果として、このボランチトリオがバランサーとして出色の働きを見せ、貴重な勝利を手繰り寄せたことは、今さら説明するまでもないだろう。

今回のオーストラリア戦でも活躍が期待される田中碧(右から2番目)今回のオーストラリア戦でも活躍が期待される田中碧(右から2番目) この記事に関連する写真を見る  加えて、田中は代表初ゴールまで決めてしまうオマケつき。以降、日本はひとつの引き分けすらなく5連勝を続けているが、その間、ボランチの3人はもはや日本代表に欠かすことのできない存在として、先発メンバーに定着している。

 互いにそれぞれの特長を理解し合い、状況に応じて臨機応変にポジションを動かしていく様は、トリオ結成から半年程度とはとても思えない。次のオーストラリア戦でも、中盤の攻防でいかに優位に立てるかが、勝負のカギを握ることになるだろう。