2020.07.25

本田、香川、岡崎らがいても3連敗。
西川周作が北京五輪での未熟さを語る

  • 佐藤俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai keijiro

オリンピック出場がサッカー人生に与えた影響
第2回:2008年北京五輪・西川周作(前編)

後編はこちら>>

本来であれば、2020年7月22日から8月9日の日程で開催される予定だった東京五輪。新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、1年後に延期されることになったが、サッカー選手にとって、五輪とはどういう舞台になるのだろうか。また、五輪はその後のサッカー人生にどんな影響をもたらすのか。第2回は、2008年北京五輪に出場した西川周作に話を聞いた――。

北京五輪での戦いぶりについて振り返る西川周作 北京五輪は、2008年に開催された。

 その頃の日本サッカー界は、厚い雲に覆われていた。というのも、当時「史上最強」と言われた日本代表が、2006年ドイツW杯で1勝もできずにグループリーグ敗退。長年、代表チームをけん引してきた中田英寿が引退するなど、ひとつの時代が終わった感が漂っていたからだ。

 そのため、世間では潮が引いたようにサッカー熱が冷め、それまで常に満員だった日本代表の試合も、空席が目立つようになっていた。

 そうした状況のなか、北京五輪代表チームは始動した。

「当時、僕らへの注目度はもうひとつでしたね」

 西川周作(当時大分トリニータ。現在は浦和レッズ)は、そう苦笑する。

 彼が、初めて五輪でサッカーを見たのは、2000年シドニー五輪だったという。

 同チームは、中田英や宮本恒靖をはじめ、柳沢敦や中村俊輔、さらに高原直泰や稲本潤一ら「黄金世代」など、豪華メンバーが名を連ねていた。そこに、楢崎正剛らOA(オーバーエージ)枠の選手が加わって、国民の期待が非常に大きかった。