2020.06.06

「自分たちのサッカー」を披露。
彼らは「史上最強」の日本代表になった

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Kaz Photography/Getty Images

サッカー日本代表・心を揺さぶられたベストゲーム
第6回:
2011年8月10日 キリンチャレンジカップ2011
日本3-0韓国

見る者の想いを背負い、世界トップクラスを目指して走りつづけてきたサッカー日本代表。その長い戦いのなかで、歴史を大きく動かした名勝負がある。このシリーズでは、各筆者がそれぞれの時代のベストゲームを紹介していく。

◆ ◆ ◆

 あなたの考える日本代表のベストゲームは?

 実に簡単な質問だ。言うまでもない。まだ記憶に新しい2018年ワールドカップ・ロシア大会、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦である。

 結果的に2-3と敗れはしたものの、優勝候補の一角と目されたベルギーを相手に一時は2点のリードを奪った。最後は地力の差を思い知らされることにはなったが、気持ちのいい負けっぷりだった。少なくともワールドカップに限れば、あれほど見ていて楽しかった日本代表の試合はない。

 しかしながら、負けたら終わりの真剣勝負は、見ているときの気持ちの入り方も違う。つまり、純粋な試合内容以上に、どうしても印象に残りやすくなる。ワールドカップのような最高の舞台、しかも直近の大会ともなれば、なおさらのことだ。

 そこで、対象をアジアカップなどの他の大会や、親善試合にまで広げて記憶をさかのぼり、できるだけフラットに試合の内容や展開を思い返してみる。

 すると、ひとつの試合にたどり着いた。

 2011年8月に札幌ドームで行なわれた韓国戦。親善試合とはいえ、過去に何度も煮え湯を飲まされてきた宿敵を3-0で叩きのめした一戦である。