2019.04.18

久保建英の招集は見送りか。
U-20日本代表、W杯目前に問題山積み

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 4月14日から3日間、U-20日本代表が千葉でトレーニングキャンプを行なった。

 5月23日に開幕するU-20ワールドカップまで、あと1カ月あまり。このあとは、登録メンバー発表を経て国内直前キャンプを行ない、そのまま大会の舞台となるポーランドへと発つことになるため、実質、これが大会前に行なわれる最後のトレーニングキャンプである。

 U-20代表を率いる影山雅永監督も、今回のキャンプの目的について、「今さら選手選考ではなく、チームを成熟させたい」と話しているように、メンバーもほぼ固まり、本番の世界大会へ向け、チーム作りは最終段階にある。

 昨季J1でベストヤングプレーヤー賞に選ばれ、このチームでも中心的役割を担う、MF安部裕葵(鹿島アントラーズ)が語る。

「監督は、ゲームのなかで僕らのよさを出させてくれるし、僕らの意見も聞いてくれるので、信頼されていると感じる。初めての選手もいたが、ほとんどの選手の特長はわかっているので、戸惑いはない」

 しかしながら、本番まで1カ月という段階に来て、U-20代表が厄介な問題に悩まされているのも事実である。

 まずは、MF久保建英(FC東京)の招集について。

 今季J1での久保は、まだ17歳ながら、優れたテクニックに加え、身体的な力強さも身に着け、目覚ましい活躍を見せている。首位争いを繰り広げるFC東京で、もはや押しも押されもせぬ主力選手だ。U-20代表でも、攻撃の中軸となることが期待される。

日本の「エース」として、その活躍が期待された久保建英だが...