2018.10.23

中村憲剛、守田英正を語る。
「僚太とふたりで日本代表のボランチを」

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

中村憲剛インタビュー@後編

 川崎フロンターレの中村憲剛がボランチとしてのプレーを確立させたタイミングで、出会ったのが大島僚太だった。プロとしては華奢だった中村は、だからこそ、体格的に恵まれてはいない大島に若き日の自分を重ね、持てるものすべてを伝えた。

 そして今シーズン、流通経済大学から新たに守田英正が加入した。体格やプレースタイルは異なるが、円熟味を増してきた今だから、中村には伝えられることがある。

 攻撃的なパスサッカーを体現すべく、脈々と受け継がれていく川崎フロンターレのボランチの系譜。中村の目にルーキーである守田の成長はどのように映っているのだろうか。

「中村憲剛インタビュー@前編」はこちら>>>

中村憲剛が大島僚太と守田英正のダブルボランチについて語る―― 今シーズン、大島選手ともっとも多くダブルボランチを組んでいるのが、先の日本代表に初招集された守田選手です。彼の第一印象とは?

中村憲剛(以下:中村) 守田のプレーを初めて見たのは、昨シーズンの中断期間中に行なわれた夏の函館キャンプだったんですよね。まず、流通経済大の選手がフロンターレに加入するのが史上初のこと。これは僕の勝手なイメージですけど、流通経済大の選手ってハードワークするというか、激しい印象があった。だから、これまでフロンターレに加入してきた選手とは、ちょっとタイプが違うのかなと思っていたんです。強化部の(伊藤)宏樹さんに聞けば、大学ではボランチを中心にサイドバックやセンターバックもやっているという。

 そうしたイメージを持ちつつ、いざ一緒にプレーしてみたら、意外と言ったら失礼かもしれませんが(苦笑)、足もとの技術がしっかりしていたんですよね。それでいて身体も強くて、走れるし、とにかく無理が利く。激しいは激しいんですけど、決してラフという感じじゃない。綺麗に身体の強さを活かすことができるんですよね。これは僚太にも通じるんですけど、ひとことで言えばしなやか。だから、将来的に、「これはもしかしたら(エドゥアルド)ネット(現・名古屋グランパス)からポジションを奪うかもしれないな」と思っていました。