2018.07.04

岡崎慎司が語るW杯。「最後は
控えの差。自分も含め力になれなかった」

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

「イケる!」

 2-0になったとき、岡崎慎司はベンチでそう思ったという。

 ロシアW杯決勝トーナメント1回戦、日本は強豪ベルギーを相手に奮闘。後半3分に原口元気が先制ゴールを決めると、その4分後、畳み掛けるようにして乾貴士が2点目を挙げたのだ。

 見た目にもベルギーの選手たちは気持ちが落ちていた。決して油断はできないが、「(ベルギーが)どこでギアを上げてくるのか。その際、前半のように耐えられれば、ベスト16の壁は破れる」と思って、岡崎はその後の戦況を見つめていた。

 ところが、後半24分に失点を喫すると、29分にも立て続けにゴールを奪われて同点に追いつかれてしまった。

「ラッキーパンチみたいなゴールだったんで、1失点目は仕方がない。2失点目も仕方がないのかなとも思うんですが、相手がボールを入れてくることに対して、最後のところでうまく対応できていなかったというのは、ベンチから見ていてもわかりました。

 まあ、失点は細かいミスから(生まれるもの)で、ミスは仕方がない。体を張れているところは、今までにない代表の姿を見せることができたと思うし、攻撃にいくときの迫力とか、効率のよさとか、そういう部分でも(日本は)余裕があったと思う。けど……」

「けど……」と、岡崎が指摘したのは、控えの層についてだった。

 原口が足をつるなど限界な状態にあり、柴崎岳にも相当な疲労が見えていた。そうした状況にあって、西野朗監督が動いたのは後半36分。原口と柴崎に代えて本田圭佑と山口蛍を入れた。