2018.06.26

ベンチからの視点。宇佐美貴史は
「勝ちにいくため」の役割を次こそ…

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 グループリーグ第2戦のセネガル戦。出番が回ってきたのは、後半42分だった。

「攻撃的にいくのか、守りを固めるのか、考えてカードを切りました」

 2-2で迎えた試合終盤、そう語る日本代表の西野朗監督が下した決断は、点を取りにいくことだった。そして、その役割を担ったのが、宇佐美貴史だ。

「(出場)時間も短かったし、一瞬で終わった感じです」

 宇佐美にとって、W杯初の試合出場はあっけないものに終わった。

 見せ場がなかったわけではない。カウンターから抜け出そうとしたが、相手DFに潰されてしまった。

「点を取ってくるように、監督には言われました。チャンスもあったんですけど、カウンターのシーンでは潰されて……。本当は、あのままフィニッシュまでいきたかったんですけど、相手のカバーもすごく早かったですし……。短い時間のなかでも、ああいうシーンをもっと出せればよかったんですけど……」

 そう言って、宇佐美は悔しそうな表情を浮かべた。

 出番がくるまでは、ベンチで戦況を見つめていた。

 前半11分に先制されたが、日本は慌てることはなかった。むしろ、失点してからのほうが、落ち着いてプレーしていた。「みんな、落ち着いていたし、点が取れる雰囲気があった」と、宇佐美も言う。

 実際、前半34分、乾貴士のゴールで同点に追いついた。