2018.06.20

「コロンビア戦は大事件」と驚く杉山氏。
大迫の決勝点には必然性あり

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 ロシアW杯。開幕してここまで、いくつか起きた波乱のなかでも、日本対コロンビアは飛び抜けた域にある、まさに大事件だ。サッカー競技の特徴が最大限に発揮された試合。言い換えればそうなる。サッカー以外の競技ではまず起こりえない出来事と言うべきだろう。

 サッカーにおいて運が占める割合は3割に及ぶと言われる。その3割を両軍でどう分け合うか。"天の配剤"という言葉があるが、長い目で見れば半々だろう。どこかのチームが運を独り占めすることはない。しかし、1試合に限れば「勝因は運」と言いたくなる試合に、まま出くわす。それがW杯本大会の日本絡みの現場で発生しようとは......。

 試合が終わって間もない現在は、事件の現場に遭遇した驚きの方が、勝利の感激を大きく上回った状態にある。

前半3分、PKを決めてベンチに走り寄った香川真司 事件の発端は、開始3分、コロンビアDF、ダビンソン・サンチェスが緩慢な動きで浮き球の処理を誤ったことに起因する。それに食らいつき、マイボールにした大迫勇也の頑張りも讃えられるべきだが、サンチェスのプレーは、トップレベルの試合では滅多に遭遇しない凡プレーであることも確かだ。

 この流れから香川真司が放ったシュートを、コロンビアMFカルロス・サンチェスが右上腕部に当てて止め、日本はPKをゲット。加えて、カルロス・サンチェスの赤紙退場まで獲得した。「PKを与えたならイエロー止まり」がスタンダードな判定になりつつあるなかで、スロバキア人のダミル・スコミナ主審さんは、日本に最大限好意的な判定をしてくれた。