2017.12.09

韓国を撃破した、なでしこジャパン。
意味ある失敗でチームは強くなる

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 厳しい寒さと冷たい雨の中、なでしこジャパンのEAFF E-1選手権が幕を開けた。高倉麻子監督が就任して2年目。目に見える結果が欲しいこの大会で、重要な韓国との初戦は互いにゴール奪取のシーソーゲームとなった。

韓国戦で動きがピタリとはまり先制点を決めた田中美南 開始直後、いきなり日本がスコアを奪う。長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が相手を十分に引きつけると、左前方へ走り込んだ万屋美穂(ベガルタ仙台)へパスを通す。そのままファーサイドへのクロスに田中美南(日テレ・ベレーザ)が頭で合わせて先制弾を決めた。しかし、すぐさまPKを献上して同点に追いつかれてしまう。

 後半には中島依美(INAC神戸)のゴールで勝ち越したが、また直後に失点。そのままドローに持ち込まれそうなムードを一蹴したのは、岩渕真奈(INAC神戸)だった。中島の強烈なミドルシュートがバーを叩くと、跳ね返りを狙って走り込んでいた岩渕の足元へこぼれる。左足タッチで相手DFの逆を突き、流れを止めることなく右足を振り抜いた。ヨルダン遠征からの連続弾となる岩渕のゴールが決勝点となり、日本が大事な初戦をモノにした。