2017.11.14

あの歓喜から20年。岡野雅行が白状する、
劇的ゴールが生まれた真相

  • 井川洋一●取材・構成 text by Yoichi Igawa
  • 梁川 剛●撮影 photo by Yanagawa Go

 しかも、そのときに言われたのは『決めてこい』のひと言。これって赤紙じゃんって、本気で思いましたよ。そうして、ピッチに入ってからは、チャンスを3本も外しちゃって……。本当の地獄ですよ」

――チームメイトからは、何か声をかけられたりしませんでしたか。

「延長前半が終わったときに、みんなが励ましてくれたり、笑わせてくれたりしました。僕にとっては初めての予選でしたし、チームのムードメーカー的な存在でしたから、逆にこういうときは楽にさせてくれようとしたんでしょうね。『(シュートを)外したことは気にしなくていいよ。1本入れてくれたら、チャラにするからさ』とみんなが言ってくれて。ガチガチに緊張していたんですが、それで少し体がほぐれましたね。まだ、みんなに見放されていないんだな、と」

――決定機を作ってくれた、パスの出し手である中田英寿選手からは何か言われましたか。

「ヒデは、何度も『おまえしかいないから』と言ってくれました。実際、彼のキラーパスに追いつけるのは僕ぐらいだったんですよ。僕は、ヒデと一番呼吸が合っていて、練習でも彼のパスから何度も(ゴールを)決めていたりしたんです。ヒデがボールを持ったら、絶対にパスが出てくるから、僕は必ず走るようにしていた。それこそ、犬のように。

 だから、あのときも……。ほとんど覚えていないですけど、本能で走っていたんだと思います。ヒデがボールを持った、じゃあ走ろう、と。僕が外しまくっていたから、(最後の場面では)ヒデはシュートを打ったみたいですが、僕としてはいつもどおりに本能的に走り、そうしたらGKのこぼれ球が目の前にあった。そんな感じでした」

(つづく)

◆「ジョホールバルの歓喜」20周年大特集を掲載している
『週刊プレイボーイ』第48号は好評発売中!

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事