2017.06.04

なでしこエースも大変身。
長野パルセイロ「肉体改造」の驚くべき効果

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 GKの池ヶ谷夏美は163cmという身長ゆえに、ポジション柄とにかく強靭な肉体を欲していた。筋力をアップさせようとインターネットで調べ上げ、トレーニング方法を模索していた中、樋口コーチがやってきた。

「喉から手が出るほど欲しかった存在でした」(池ヶ谷)

さらにロングキックの飛距離を伸ばすため、体側の筋力強化を目指す池ヶ谷夏美 ジャンプ力をつけたい、パワーをつけたい――。補わなくてはならないことが多かった池ヶ谷は次々に質問を投げかけた。

「体が小さいのでロングキックの飛距離がなかなか飛ばなかったんです。そこをパワーアップするために下半身を鍛えればいいと思っていたんですけど、実はお尻や体側の筋群(腹斜筋)、さらに体幹部分が必要だったりして……。今は正しい筋トレの成果が実感できています」

 1年半で変わったのは飛距離だけではない。

「Yシャツのサイズが9号から13号になりました(笑)。今や、もうそれがモチベーションになっています。本当に線が細かったんですよ。食べるようにはしていましたが、筋トレのやり方と食事が比例してなかった。やみくもにやってもダメ。今はすべてが有効になったと感じます」(池ヶ谷)

 実は彼女こそが、樋口コーチのコンディショニングをチームに浸透させたキーマンだった。