2016.12.01

ヤングなでしこ、世界一ならずも
手応え十分。このチームは戦える!

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 次世代が集うFIFA U-20女子ワールドカップ準決勝で日本はフランスと対戦し、延長戦の末、1-2で惜敗した。"世界一"を目標に掲げてきたが、決勝への扉を開くことはできなかった。

右サイドでしっかりと存在感を示していた長谷川唯 ベスト4に進出したのは日本、フランスのほか、北朝鮮とアメリカ。ここまで来れば、どこが勝ち上がってきても必然といっていい。日本の相手となったフランスの両サイドとトップには、勢いに乗らせたら最後と、覚悟を決めなければならない選手がそれぞれいた。日本がやるべきことは"スピードに乗らせない守備"だった。

 準決勝までの4日間、簡単に飛び込まず、パスコースを消す守備を徹底して体に叩き込んだ。その成果はすぐに現れる。フランスの左サイドハーフのレジェにボールが入ると、右サイドの三浦成美と宮川麻都(ともに日テレ・ベレーザ)がプレスをかけて前を向かせない。右の曲者であるカスカリーノは左サイドの長谷川唯(日テレ・ベレーザ)と北川ひかる(浦和レッズL)が請け負った。