2016.11.14

過去データが恐怖の宣告。サウジ戦に
負ければ日本のW杯出場は消滅だ

  • 宝田雅樹/National Football Teams-Results●文&データ
  • text&data by Takarada Masaki/National Football Teams-Results

 また、W杯予選においては敵地での戦いに長けており、最近10試合のアウェー戦で敗れたのは、わずか1試合。今回も油断はできない。

【サウジアラビア、W杯予選アウェー戦の最近10試合の戦績(第3国開催は除く)】
2009年=サウジアラビア2○1イラン
2009年=サウジアラビア0△0韓国
2009年=サウジアラビア0△0バーレーン
2011年=サウジアラビア5○0香港
2011年=サウジアラビア0△0オマーン
2011年=サウジアラビア0△0タイ
2012年=サウジアラビア2●4オーストラリア
2015年=サウジアラビア3○0マレーシア
2015年=サウジアラビア10○0東ティモール
2016年=サウジアラビア1△1UAE

 ところで今回、仮に日本が敗れるようなことがあれば、それは”終戦”を意味することになる。なぜならアジア最終予選がホーム&アウェーの2回戦総当たり戦となった1998年W杯予選以降、ホームで2敗した国がW杯出場を果たした例はないからだ。サウジアラビアとの一戦は、その意味でもまさにW杯出場の命運がかかった大一番となる。

■サッカー代表記事一覧>>

関連記事