2016.08.04

ナイジェリアの穴は「最終ライン」。
五輪サッカー初戦は分析完了

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by Getty Images

 日本が「久保裕也の招集問題」で揺れている間、ナイジェリアはもっと大きな問題を抱えていた。米国アトランタで合宿を張っていたが、ナイジェリア・サッカー協会が資金難のために飛行機のチケットを手配できず、8月2日になってもまだブラジル入りしていないというのだ。

ブラジルとの親善試合で自信を深めたキャプテンの遠藤航 それだけではない。チームスタッフへの給与が約5ヶ月間も滞納されている問題も発覚し、いかにもナイジェリアらしい”お家騒動”が勃発している。さらに、ベストメンバーも招集できていない。

 アフリカチャンピオンのナイジェリアはタレント揃いで、「金メダル候補」との呼び声も高かった。ところが、オーバーエイジとして選出したチェルシーのMFジョン・オビ・ミケルこそ招集できたものの、マンチェスター・シティのFWケレチ・イヘアナチョ、アーセナルのFWアレックス・イウォビ、オーバーエイジとして考えられていたワトフォードのFWオディオン・イガロ、チェルシーのDFケネス・オメルオといった選手たちが招集できず、大幅な戦力ダウンと準備不足は否めない。

 しかし、だからといって油断は禁物だ。アフリカ特有の身体能力と高い個人技が融合した攻撃は、歴代の日本代表がもっとも苦手としてきたもの。過去のオリンピックでも、1996年のアトランタ五輪と2008年の北京五輪で日本はナイジェリアに敗北を喫している。