2015.02.11

代表OBたちは「アギーレの後は日本人監督」と言っている

  • text by Sportiva
  • photo by Yamazoe Toshio

緊急特集「よみがえれ! 日本サッカー」(4)
7人の識者が提案する「代表の次期監督像」

 アジアカップ準々決勝敗退後、日本サッカー協会(以下、協会)は、ハビエル・アギーレ監督(メキシコ/56歳)との契約を解除した。現在、何人かの後任監督候補をリストアップ。協会の霜田正浩技術委員長が渡欧し、各候補者との交渉に奔走しているという。

 協会がリストアップした候補者については、各メディアでいくつかの名前が飛び交っているが、そのうち元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ氏(イタリア/57歳)、イタリアやスペインの主要クラブの指揮官を務めてきたクラウディオ・ラニエリ氏(イタリア/63歳)、元イングランド代表監督のグレン・ホドル氏(イングランド/57歳)らには、すでに代表監督就任を打診して断られた、といった報道まである。

 そうした状況の中、専門家たちはどう思っているのだろうか。再び7人の識者に、日本代表監督に求められる資質、そしてアギーレ監督の後任にはどんな人物がいいのか、話をうかがった。すると、4人の識者が「日本人監督」を提案した。

平野孝氏(解説者/元日本代表、名古屋グランパスなど)
「具体的な名前は挙げられませんが、Jリーグで結果を出している日本人監督に代表で手腕をふるってほしい、という思いが強い。日本人監督がいいのは、何と言ってもコミュケーションが図りやすいこと。言葉の壁がなく、日本人の性格もよくわかっているので、チーム作りもスムーズにいくと思う。さらに、現代サッカーでは、90分間という限られた時間の中で、目まぐるしく展開が変わっていく。その中で、監督がひとつ、ふたつ指示を出せば、すぐに選手がその意図を理解し、実践できるというのは、非常に大きなメリットになる」