2013.12.15

オリックス・井川慶が語る「ザックジャパン、ベスト8の可能性」

  • 高村美砂●文 text by Takamura Misa

ブラジルW杯ベスト8への道

 2014年に開催されるワールドカップ(W杯)ブラジル大会。この4年に一度の祭典を誰よりも楽しみにしているプロ野球選手がいる。それがオリックス・バファローズの井川慶投手だ。子どもの頃からサッカーの魅力にはまり、今も時間さえあれば、日本、世界を問わずテレビ観戦に興じているという。そんな球界屈指のサッカーフリークである井川投手にW杯ブラジル大会の注目国、注目選手、そしてザックジャパンの可能性を語ってもらった。

草サッカーチームでゴールキーパーをやっていることもあり、サッカー観戦の時もキーパーに目がいくと言う井川投手。

―― プロ野球界きっての『サッカー好き』とうかがいました。

「確かに好きですね(笑)。Jリーグが開幕したのは僕が中学2年生の頃で、当時は部活動が忙しく、スタジアムまで観戦に行くことは出来なかったのですが、僕の地元である茨城県の鹿島アントラーズのファンになり、よくテレビ観戦していました。また、僕がプロ野球選手になってからもW杯は欠かさず観ていますし、阪神に在籍していた時はご招待いただいてガンバ大阪や水戸ホーリーホックの試合を観に行きました。生で観戦すると、ボールの動きだけでなく、たとえば味方が攻めている時に守備の選手は何をしているのかとか、ゴールキーパー(GK)はどんな動きをしているのかも楽しめる。くわえてスタジアムの臨場感もすごくいい。スタジアムに入る前から、歓声や応援のチャントが聞こえてくる感じがたまりません」

―― W杯はいつ頃から見始めたのですか?

「1994年のアメリカ大会はオンタイムで見ていましたし、僕のプロ1年目の時に開催された1998年のフランス大会もほとんどの試合をビデオ録画して見ていました。そのアメリカ大会の時に大活躍したベルギー代表のGKミシェル・プロドームのプレイに感動して、それから大ファンになりました。W杯でいうなら、2002年の日韓大会も長居スタジアムでの日本対チュニジア戦、神戸ウイングスタジアム(現ノエビアスタジアム)でのブラジル対ベルギー戦を生観戦しました。そのうち日本戦は、当時阪神のチームメイトだったカーライルというアメリカ人投手と一緒に行ったのですが、日本が勝って決勝トーナメント進出を決めた瞬間、彼がなぜか『USA! USA!』と大興奮していたのを今でも覚えています(笑)」