2012.02.16

【今日は何の日?】中山雅史が史上最速のハットトリック

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

ふたつのギネス記録を持つ中山雅史。44歳となった現在もコンサドーレ札幌に在籍し、現役プレイヤーとして奮闘している。【2000年2月16日】
わずか3分15秒でハットトリック達成

 1998年フランスW杯で日本人初ゴールを決めた中山雅史。同年、Jリーグでは4試合連続のハットトリックを達成し、その偉業がギネスブックに掲載された。

 そして2000年、中山は再びギネス認定される世界記録を刻んだ。アジア杯予選のブルネイ戦で、国際試合における史上最速のハットトリックを成し遂げたのだ。

 キックオフ直後、開始1分で先制ゴールを決めると、立て続けに2点目、3点目を奪取した中山。なんと、試合開始からわずか3分15秒。これまでの3分30秒という記録をあっさりと更新してしまった。

 その年の中山は、Jリーグでも通算100ゴールを達成。シーズン20ゴールで、J史上初の2度目の得点王にも輝いた。

1

関連記事