2012.01.05

【なでしこリーグ】「INAC魂」を託して。創成期からクラブを支えた米津美和の引退と涙

  • 早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko
  • photo by Hayakusa Noriko

元日の全日本選手権で優勝後、INAC神戸の選手たちは引退が決まっていた米津を胴上げ

 2012年元日、INAC神戸レオネッサは全日本女子選手権を制し、シーズン2冠を達成すると同時に、クラブのひとつの時代が終わりを告げた。

 米津美和が引退を表明したのは12月23日の準々決勝終了後のことだった。

 2004年、当時まだ関西リーグを戦っていたINAC神戸に入団。2005年には、なでしこリーグL2(Lリーグ2部。現在のなでしこチャレンジリーグ)で優勝を果たす。

 神戸は、当時リーグ唯一の外国人選手であった元ブラジル代表のプレッタ(本名はデルマ・ゴンサルベス)を擁していたが、米津は、そのプレッタのスピードに呼応できる数少ない日本人選手だった。持ち前の攻撃力を活かしてゴールを量産し、チームを引っ張った。

 当時、練習グランドは小さなフットサルコートで、フルコートを使用するトレーニングは十分に行なえなかった。米津はボーリング場でアルバイトをしながらプレイしていた時代から2冠を達成した現在まで、クラブとともに歩んできた最古参選手だ。

 2005年のL1(Lリーグ1部。現在のなでしこリーグ)昇格を決めた試合で、嬉しそうにスタンドに手を振る姿が今も印象に残っている。

 米津は、2009年にはなでしこジャパンに初選出されヨーロッパ遠征のドイツ戦で初出場を果たす。が、ピッチでの米津は大緊張。そんな中でも必死にボールに食らいつく、米津らしいプレイを見せていた。