2022.03.18

広島・小園海斗「正直、怖さはある」。不動の遊撃手へ2年目の不振や自身の課題を語った

  • 前原淳●文 text by Maehara Jun
  • photo by Koike Yoshihiro

プロ野球2022開幕特集
広島・小園海斗インタビュー

 2019年に高卒ルーキーながら開幕一軍入りを果たし、将来を嘱望された広島・小園海斗。だが2年目はわずか3試合の出場に終わり、翌2021年の春季キャンプも二軍スタートとなった。それでもファームからはい上がり一軍でも結果を残すと、113試合に出場して規定打席に到達。打率.298、5本塁打、35打点をマークした。不動のレギュラーとして期待がかかる小園に、4年目のシーズンに向けた思いを聞いた。

昨シーズン、113試合に出場し打率.298をマークした広島・小園海斗昨シーズン、113試合に出場し打率.298をマークした広島・小園海斗 この記事に関連する写真を見る

守備はチームの勝敗につながる

── 昨年の春季キャンプは二軍スタートでしたが、今年は一軍スタート。首脳陣からの信頼度は、昨年とはまったく違うように感じられます。

「守備も、走塁もまだまだです。とくに守備は、小窪(哲也)コーチはもちろん、キクさん(菊池涼介)にも教えてもらいながらやっています。周りから見て、こう思われているんだなというのがわかる。(上本)崇司さんとも一緒にノックを受けさせてもらって、いろいろ聞くことができました。同じ内野手なので、あまり簡単に教えてくれるものではないと思うのですが、先輩方が優しく教えてくださるので、本当に環境に恵まれているなと。教えてもらいながら、自分のなかでも(課題を)潰すことができていると思います」

── とくに菊池選手は二遊間を組むパートナーだけに、連携を高める時間にもなったのではないですか。

「そうですね。だいたいのことはわかっていますが、そのなかで足りないところが僕には多い。僕がいかにキクさんをラクにプレーさせることができるかによって、変わってくると思うんです。それがチームのためにもなる。昨年までは迷惑ばかりかけていましたから。それでもいろいろと教えてくださるので、今年はしっかりやっていけるようにと思っています」

── 昨季10失策を記録したものの、球際の強さが増した印象があります。

「ちょっとずつバウンドの合わせ方だったり、準備の仕方だったりができるようになったのかなと。『ここ飛んできそうだな』とか、『この打者よく飛んでくるよな』という、だいたいの予測ができるようになったところもあります。(天然芝と土の本拠地)マツダ(スタジアム)はとくに難しいですが、やるしかない。そこはメンタル、気合です」