2021.09.22

広島のドラフト戦略のキーマンは3年目外野手⁉︎ 狙うは「右の大砲」か「将来のエース候補」か

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 投手が補強できれば、やはり「右の大砲」だ。時間をかけて育てるなら、三島南の前田銀治(外野手/右投右打)が面白い。182センチ、90キロの体躯から放たれる打球はパワーに溢れ、50mを6秒そこそこで走れる脚力も魅力十分。それ以上に光るのが、前田のアグレッシブなプレースタイルだ。いつも全力で振って、投げて、走って......前田のプレーにはチームを鼓舞させるような、数字では計れない価値がある。

「彼のプレーを見ていると、胸がスッとします。こういう選手がチームいたら、絶対に強くなる。育ててみたくなる選手ですね」

 あるスカウトが絶賛したように、鈴木誠也の後継者としては十分な逸材だと思うのだが......。

◆集英社ムック
『Sportiva TOKYO 2020 オリンピック 総集編』好評発売中!

発売日:8月23日
定価:1760円(本体1600円)

【内容】

●Medal獲得数は58個!
日本人メダリストを紹介

●ニッポン野球の底力!
侍ジャパン、歓喜の金

●サッカー U-24日本代表
本気で金メダルを狙った男たち
「史上最強」ゆえの涙

●前代未聞のオリンピックが開幕するまで
険しすぎた道のり

以上のほか、必読の特集が満載。永久保存版の1冊‼

購入はこちらから

‣Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4081023336

‣セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1107224540

関連記事