2021.09.17

立浪和義が「守備は私より格段に上」と絶賛する新人。阪神・佐藤輝明のスランプにはアドバイス

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

 私がキャンプで見た時には、しっかりトップを作ってボールを待ち、ピッチャーの足元に打ち返すことを心がけるように根尾選手に伝えましたが......。ボールを打つ直前に左肘が背中側に入り、バットが出てくるのが遅れる点は直っていないように見えます。

 タイミングがうまく取れていないので、たとえば歩きながらスイングするといった練習を反復して行なうなどして改善していってもらいたいです。確実性を増せば、今のフルスイングできる力がより生きてくる。本人もいろいろ考えていると思いますが、『このままではいけない』と、より強い危機感を持って取り組む必要があると思います」

――守備面で期待している選手はいますか?

「DeNAの森敬斗選手です。脚力を活かした守備範囲の広さ、肩の強さは大きな魅力ですね。私がバンテリンドームで解説を務めた試合では、三遊間に抜けそうな打球を、一歩目の速さとすばらしい送球でアウトにしてしまった。守備については、私の新人時代よりも格段に上ですよ」

――高卒1年目でゴールデングラブ賞を獲得した立浪さん以上の守備となると、相当に期待値が高まりますね。一方でバッティングはいかがですか?

「ミート力はありそうですが、まだまだこれからです。バントを失敗し、追い込まれて三振してしまうこともあるなど、今はそういった細かい点を徹底的に教える時期だと思います。レギュラーを掴むまでは、ある程度の厳しさも必要。未来のDeNAを背負うことができる選手なので、うまく育てていってほしいです。

 現在のDeNAは、打ち勝つか、打てずに負けるかといった大味な野球になっています。しかし森選手のような選手が増えてくれば、チームの野球が変わってくるでしょう。プロのピッチャーに慣れるのは実践を積んでいくのが一番です。私個人の考えとしては、少し調子はよくなくても残りの試合で使い続けて来シーズンにつなげてもいいのかな、と思います」