2020.09.28

3試合連続サヨナラ本塁打を食らった男。
「もう取り憑いちゃったね」

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki

 笑ってはいけない、と思いつつ、笑ってしまう。が、それはあくまで佐藤さんの話し方の面白さによるもので、中身は笑えない。やはり、記録に表れない守りのミスと四球は怖いと思う。さらに、1日置いて、今度は阪急戦、福本豊に打たれることになる。

「そうそうそう。あのときはノースリーになったから、もうフォアボールもヒットも一緒だと思って、ホームランなんて頭にないから。で、投げたら、カーンって。それでまたこいつが腹立つのはね、次の日に新聞で見た談話が、『プロ入ってノースリーから打ったの初めて』。うるせーや! って。あっはっはっは」

 思い切りの爆笑だった。僕も一気に吹き出してしまった。それにしても、福本に2本目を打たれたあと、さすがに意気消沈したのではないだろうか。

「いやもう全然。また行く気でいたよ。当然、切り替えなきゃ。野村さんには『お前、二度あることは三度あるから、まあ気にすんな!』って言われて。談話もね、『ミチで打たれりゃしょうがない』と。

 で、行ったら、延長でしょ? それでオレの出番があって成立しちゃったんだけど、運が悪かったのか、よかったのか......。ま、3試合連続なんて絵に描いたようだよね。だからギネスブックに申請しようかなって思ってるんだ。ふふっ」

 笑いの渦のなかで強く印象に残る野村監督の言葉。だが、3試合連続のあとは......。

「4試合目の前、野村さんのとこに行った。そしたら『ミチ、行けるか?』って言うわけね。オレ、『行ける』って言っちゃおうかなと思ったけど、さすがに『今日、投げたくないです』って言ったよ。だって、申し訳ないからね、チームに。そしたら結局、出番あるようなゲーム展開にならなくてね」

 2試合目のあとの「ミチで打たれりゃしょうがない」よりも、3試合目のあとの「行けるか?」のほうがずしりと心に響く。そして佐藤さん自身、結果的に出番がなかっただけで、野村監督からの打診を受けて、それでも内心はマウンドに上がろうとしていた。