2020.06.18

八重樫幸雄が選ぶヤクルトベストナイン。
背番号1が集結で悩みは遊撃手!?

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

【ひとりでできる練習法、お手本にすべき打者は?】

――さて、他球団も含めた「歴代ベストナイン」を伺おうと思ったのですが、ここまででかなりの文字数を費やしてしまいました。こちらは次回に持ち越しさせていただき、ここからは短めの質問をいくつかぶつけさせていただきます。では、神奈川県の「りんさん」からの質問です。「プロを夢見る少年、少女たちにひとり、もしくは2人でできる打撃練習法を教えてください」とのことです。

八重樫 2人ならばティーバッティングが一番ですよ。広い場所がなければ、自宅の庭や家の中でいいですし、ボールは新聞紙を丸めたものでも構いません。球数をこなすのではなく、しっかりと構えて、バットのトップの位置、ボールをとらえるタイミングをきちんと意識してやってほしいですね。

――では、ひとりでやる練習方法は?

八重樫 ひとりでできる打撃練習法は、やっぱり素振りが一番でしょうね。これも数をこなすのではなく、しっかりと自分のフォームを身につける意識を持ったほうがいいと思います。まだ自分の打撃フォームが完成していない小さな子どもたちにおすすめなのが、「ウォーキングスイング」です。

――歩きながらの素振りですね。

八重樫 そう。あの山田哲人でも、今でもキャンプや試合前に取り組んでいますからね。この練習方法のいいところは歩きながらバットを振るため、重心がいろいろ移動することなんです。後ろの足に重心が乗った時にスイングを始めて、体重移動とともに前の足を着地させる。後ろ足に乗った体重が前に移動するタイミングでしっかりとスイングできるように。ボールをとらえるタイミングをつかむのに最適な練習です。