2020.04.20

日本シリーズ史上初の本塁打直前。
杉浦享は「イヤだな」と感じていた

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

日本プロ野球名シーン
「忘れられないあの一打」
第1回 ヤクルト・杉浦享 
代打サヨナラ満塁本塁打(1992年)

【引退間際に訪れた大舞台】

 延長12回裏。12時33分に始まった試合は4時間を迎えようとしていた。

 1992(平成4)年10月17日、神宮球場で西武ライオンズとヤクルトスワローズが激突した日本シリーズ第1戦。西武のマウンドには10回裏から投げ続けている鹿取義隆が上がっていた。プロ14年目の大ベテランは、シーズン中にもロングリリーフを何度か経験していたこともあり、老獪なピッチングを続ける。35歳になっても、まったく衰える気配はなかった。

 この時、一塁側ベンチ裏では杉浦享がバットを振っていた。シーズン終盤に「今季限りでユニフォームを脱ごう」と決意し、すでに新聞報道もされている。その後、広沢克己や池山隆寛ら若い選手の台頭により、チームは14年ぶりのセ・リーグ制覇を実現。まさか、現役最終年に「日本シリーズ」という大舞台が待っているとは思わなかった。

1992年の日本シリーズ初戦で代打サヨナラ満塁弾を放った杉浦 photo by Sankei Visual この年は右足肉離れや慢性的な腰痛の影響もあって、わずか2安打に終わった。シーズン終了とともにユニフォームを脱ぐつもりだったが、野村克也監督からは「代打の切り札として、日本シリーズでもベンチ入りしてほしい」と言われた。現役生活22年目、その集大成を見せる時がやってきた。最後の意地を見せるべき時が訪れていた。