2020.02.13

西武ドラ2は顔よし、キレよし、度胸よし。
辻監督が浜屋将太の投球に唸った

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • photo by Koike Yoshihiro

 キャンプ初日のブルペンを視察した辻発彦監督が思わず唸った。

「いいね。キャンプまでにしっかり体をつくってきたと聞いている。力みも感じられず、イケそうかなという感じは受けた。スピードやキレも徐々に出てくると思う。左だし非常に楽しみ」

 2年連続でリーグワーストのチーム防御率4点台、最多失点を喫している投手陣の立て直しこそが、リーグ3連覇と悲願の日本一へ向けた課題であるということは明らかだ。そんななか、ドラフト2位左腕・浜屋将太の好調さは、指揮官にとっても大きな収穫だった。

開幕一軍を目指す西武のドラフト2位ルーキー・浜屋将太 浜屋は樟南高(鹿児島)で3年の夏に甲子園に出場。その後、社会人の三菱日立パワーシステムズへ進み、3年目には最速148キロの直球と「絶対の自信がある」というスライダーを武器に都市対抗出場に大きく貢献。同年秋の日本選手権では2試合に先発するなど、チームの大黒柱として活躍した。

 また、ドラフト前に組まれたDeNAとの練習試合では2回5失点とプロの圧力に屈したが、アレックス・ラミレス監督から「ポテンシャルの高さを感じる投手だ」と賞賛された。

 キャンプ第1クール最終日には「まとまっていて、コントロールもいい。マウンドさばきもベテランみたいだ」と指揮官の評価はさらに上昇し、第2クールでは早くも打撃投手として打者と対峙。迎えた打者は2年連続本塁打王の山川穂高だった。

 全球ストレートとはいえ、右中間フェンス直撃の一打を食らうなど、超一流の打棒を見せつけられた。