2019.09.09

あぶさんのモデル・永淵洋三は、
元祖二刀流から大酒飲みの首位打者に

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki

 翌年のキャンプ、コーチの岩本尭(たかし)から「左バッターは左手で打て」と指導され、永淵さんの考えが変わった。「左手首を返して打つと引っ掛けてゴロになりそうだ」と右手主導で打っていたところが、左手だけで打つ練習をすると驚くほど打球が飛ぶようになった。一方で足を生かして内野安打も稼いだ69年、チームが阪急と優勝争いをした末に2位に浮上したなか、東映の張本勲と同率で並ぶ.333で首位打者となった。

「たまたまです。単独で獲れる可能性もあったけど、今になれば、引っ張り専門の僕が、広角に打つ張本さんと一緒になれたことが光栄と思ってます。天下の張本さんですから」

 2年目のタイトル獲得。1年目のオフに結婚するはずが式の費用も酒代に変わり、「今年こそは」と一日一升だったのをビール2本に節酒して臨んだ結果──。そんな物語が文献にあった。

「じつは節酒も節制もしてしません。だから僕は、30過ぎてしょっちゅう肉離れしてた。酒の飲み過ぎは筋肉に影響します。だからそういう面での苦労はあったし、あの世界でメシ食うの大変です。でも、式を挙げなかったのは別の事情があったからで、酒にお金使ってません。それはオーバーに書いてるんですよ」

 真相はともかく、そもそも借金の返済のために選んだ道なのだから、借金の原因となった酒を抑えてもよさそうなものだが、永淵さんはそうではなかったから『あぶさん』のモデルになった。

 シーズン中もナイターなら朝ビールを飲む、二日酔いのほうがよくヒットが出る、試合中に相手の捕手から「まだ、におってます」と言われる、近鉄最終年に二日酔いで炎天下の二軍戦に出てライト守備時に嘔吐する、といった実話がときに誇張されて伝説化し、作品世界に生きている。