2019.04.05

ド迫力の内角攻めに打者タジタジ。
オリ山本由伸がたどり着いた投球術

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 思い出す場面がある。昨シーズン、首位を快走していた西武との試合だ。いつものように終盤にリリーフでマウンドに上がった山本は、西武の強力クリーンアップを相手にひるむことなく腕を振りつづけた。快速球がキュッとねじれたようなカットボールを外角に決めてカウントをつくると、一転、同じような快速球が今度は内を突いてきた。

 インコースを突かれた浅村栄斗(現・楽天)の目線がマウンドに向かうも、山本はひるむことなく2、3歩前に出て捕手からの返球をむしり捕った。球界を代表する強打者の強烈な睨みにも動じる様子はなく、「インコースを突いてなにが悪い」と言いたげな表情が印象的だった。

 その強気の投球は、今年のキャンプでも見られた。紅白戦で先発した山本は立ち上がりから右打者のインコースを攻める。ケガをさせてはいけない味方のバッターに対してもお構いなし。ぶつけないという自信があればこそのパフォーマンスなのだろう。

 新外国人のジョーイ・メネセスに対しても、あいさつ代わりのインコース攻めで三振。入団2年目の昨年にプロで働く足がかりをつかみ、先発転向となった3年目の心意気と緊張感が伝わってきた。

 背が高いわけでもなく(178センチ)、腕が長いわけでもない。おそらく”角度”という武器が使えない代わりにたどり着いた”内角攻め”。カットボール、ツーシームに加えて、この必殺兵器を獲得して、一段と厄介な投手に成長した。球界屈指の”難攻不落の剛腕”となるか。今後もその獰猛なピッチングから目が離せない。

関連記事