2019.02.01

日本ハムの新人・田宮裕涼が目指す選手像。
「走れる捕手になりたい」

  • 高木遊●文・写真 text&photo by Takagi Yu

 目標としてきた甲子園には手が届かなかったが、もうひとつの目標は自らの力で叶えた。次なる高みに向けて、最後に力強い言葉を穏やかな口調ながら並べた。

「技術だけではなく、主将もやらせてもらって人間性も成長できたと思います。甲子園に出られなかった分、あの悔しさをプロの世界で結果を出すことで晴らしていきたい。”走れる捕手”が少ないので、そうした新しい捕手像をつくりたいです」

 好きな言葉は成田高の校訓でもある「不動心」。3年間で培ったたくましい心と体を持って、厳しいプロの世界に飛び込んでいく。

関連記事