2018.11.11

クビ覚悟から侍ジャパンへ。
楽天・田中和基は独特の発想で飛躍した

  • 田口元義●文 text by Taguchi Genki
  • photo by Getty Images

「結果は出せたのかもしれませんけど、自然体でやった結果がそうなっただけで。もしかしたら、今年の成績がプロ生活のキャリアハイかもしれないし、来年は3割30本塁打てるかもしれない。

 逆に2割、ホームラン1本だって考えられるわけじゃないですか。今のまま来年も続けられるのか? ダメだったときにどうすればいいのか? それをある程度、見極めるために自然体でやったんです。

 僕、今年、右ピッチャーなら左打席、左ピッチャーなら右打席で全部打ったじゃないですか。来年はピッチャーによっては右対右、左対左でやることもあるかもしれない。そういう可能性も、今年判断したかったんです」

 首脳陣に「独特の発想を持っている」と評された田中が、2年目とは思えない達観した思考で結果を残し、今季の新人王候補に挙げられている。

 だが、そんな状況も自身にとっては、結果の一部に過ぎないのだろう。田中の新人王に対する心情が、それを物語っていた。

「獲れれば嬉しいですけどね。でも、『今年がベストだ』とも感じていないんで。獲れなくても、なんとも思わないっす」

 この男、やはり達観している。

関連記事