2018.09.25

西武と戦って広澤克実が得た自信。
「巨人も広島もたいしたことない」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

「あれ、巨人も広島も、あんまり強くないな」

――1992年の悔しさを抱いたまま、翌1993年を迎えるわけですが、どのような心境でペナントレースに臨んだのですか?

広澤 「広澤のスライディングで負けた」ってずっと言われたり、書かれたりしていたので、「もう1993年にかけるしかないな」という気持ちでした。勝ち負けはともかく、「もう1回、西武と戦いたい」という思いがすごく強かったし、解説者の順位予想なんか何も見ていなかったけど、「当然、西武が日本シリーズに進出するだろう」と思っていました。1992年の日本シリーズは、結果的には3勝4敗で第7戦も延長で1-2で負けたけど、決して1敗差、1点差ではなく、西武との力の差はもっとありましたからね。

――そうなると、1993年のレギュラーシーズンは、常に日本シリーズを見据えた戦いになりますね。

広澤 そうですね。「巨人や広島相手に手こずってたら、西武に勝てるわけがないんだ」とは思っていました。同時に、西武という強いチームと戦ったことで、「巨人や広島もたいしたことないや」って思えたし、「オレたちの敵はジャイアンツじゃない、ライオンズだ!」って考えるようになっていましたね。1992年のペナントレースがスタートしたときには、「あんなに強いジャイアンツにどうやって勝つんだよ」って思っていたのに、1993年になると、「あれ、あんまり強くないな」って感じ始めましたね。

――自信というのは、恐ろしいものですね。

広澤 あんなに強かった巨人も広島も、そんなに強く感じなくなっていたんだよね。「あれ、意外とオレたち強くなったのかもしれないな」って感じたのが1992年のシーズン中。西武との日本シリーズを経て迎えた1993年は、そんな感覚がさらに強くなっていた気がしますね。

――そして、93年ペナントレースをスワローズが制覇します。この瞬間には、すぐに「次は西武だ!」という思いになったんですか?

広澤 その通りです。セ・リーグ優勝は嬉しいんだけど、その瞬間には「次は西武だ!」って思っていましたから。1992年のときは、全然そんなことはなかったのにね。1992年は「4連敗しないといいな」と思っていたけど、1993年は戦うエネルギーが満ちているのを感じていました。

――そうすると、前年と比べると西武に対する恐怖心、過大評価は薄れてきていた?

広澤 いや、そんなことはないよ(笑)。やっぱり、西武が強いのは変わらないわけだし。いくら力の差が拮抗していたとしても、短期決戦では4連敗ということもあるわけだし。でも、とにかく「もう一度、西武と戦えるんだ」ということが嬉しかったのは、よく覚えていますね。


(後編に続く)

関連記事