2018.03.30

解説者7人のパ・リーグ予想。
1人だけソフトバンク3位予想の根拠は

  • 田口元義、スポルティーバ●文 text by Taguchi Genki、Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

2018プロ野球順位予想~パ・リーグ編

 パ・リーグは、昨年日本一のソフトバンクが強大な戦力で今年も他を圧倒するのかに注目が集まっている。しかし、一昨年の日本ハムが最大11.5ゲーム差を逆転したように、筋書き通りにいかないのがパ・リーグの面白さでもある。はたして、今年はどんな戦いになるのか。セ・リーグ同様、気鋭の解説者7人にパ・リーグの行方を予想してもらった。

セ・リーグ順位予想はこちら>>

育成初の開幕投手となったソフトバンクの千賀滉大◎山﨑武司氏

1位:ソフトバンク
2位:楽天
3位:西武
4位:オリックス
5位:日本ハム
6位:ロッテ

 12球団ナンバーワンの選手層を誇るソフトバンクの優位は動かないでしょうね。昨年だって、正捕手不在かと思っていたら甲斐拓也が出てきて、ベストナインとゴールデングラブ賞を獲得。投手陣も育成出身の石川柊太が苦しい台所事情を救った。このチームは不安材料があっても、すぐに新しい選手が出てくるから、大きな問題にならない。連覇は堅いと思いますよ。

 2位以下は混戦になると思いますが、投手力で楽天を推します。則本昂大、岸孝之、美馬学の三本柱に加え、2年目の藤平尚真が急成長。5番手以降も辛島航や塩見貴洋と駒は揃っています。これだけ安定した先発陣がいれば、大型連敗は考えにくい。不安があるとすれば、投手陣がへばってくる夏場に打線がどこまで援護できるか。昨年は夏場以降、打線が打てなくなり失速してしまった。そこを乗り切れるかどうかが、今年の楽天のポイントになりそうですね。

 西武は、スタメンの顔ぶれは12球団でも屈指の豪華布陣ですが、野上亮磨、牧田和久、シュリッターの抜けた投手陣が問題。菊池雄星という絶対的エースがいるものの、それに続く投手が育っていません。高橋光成あたりが完全に一本立ちしてくれれば、面白い戦いになると思います。

 オリックスは4位にしましたが、選手層の厚さは楽天や西武よりも上です。でも、なぜか勝てない(笑)。投打ともに1点に対する執念が足りないような気がします。ただ、能力の高い選手が揃っているので、チームがうまく機能すればソフトバンクと優勝を争うだけの実力は秘めています。

 日本ハムは大谷翔平、増井浩俊、大野奨太と主力3人が抜け、ロッテは特に補強をしなかった。この2チームに関しては、戦力的に厳しいかなと思いますね。これからチームをつくっていく段階ということで、今年は育成の1年になると思います。