2017.02.26

このティー打撃はすごい!
ヤクルト西浦直亨はレギュラーを獲れるか

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

── 昨年はすり足でしたが、このキャンプではレッグキックが大きくなりました。

「左足を高く上げるようにしたのは、"ワンピース"という言葉を使うんですけど、足を上げることでトップの形をつくって振り出すという一連の流れがスムーズになります。力も伝わりますし、軸足にしっかり乗せて打つためにもこの方がいいのかなと。自分の引き出しも増えることになるので」

 杉村コーチに、西浦のバッターとしての成長を聞くと、「うん、うん」と頷きながら、こんな話をしてくれた。

「自分の正しいフォームがつくれるようになったよね。一軍で成績を残せたことが自信になったんじゃないかな。練習を見ていても『今年はこのフォームでやるんだ』という気持ちが伝わってくる。打つ前の準備はもうできているので、あとは打席で振るだけです」

 西浦の今シーズンの目標は、もちろんショートのレギュラーをつかみ取ることだ。

「レギュラーを獲るというより、獲らないとダメですよね。いつまでも(レギュラー選手を)『すごいな』と言っていたらダメなんで......。(谷内亮太、廣岡大志といった)ライバルたちも力をつけてきていますし、グズグズしていられません。そのためには、自分のセールスポイントをつくっていきたい。バッティングでは、ポイントにくれば長打もあるところ。守備ではしっかり守ってアウトにして、あとは盗塁もですね。レギュラーになるには、それらすべてを機能させないとダメだと思います」(西浦)