2017.01.02

ラミレス監督の計算。「ユーノウ、優勝には
10勝投手が4人必要だ」

  • 村瀬秀信●取材・文 text by Murase Hidenobu 寺崎江月●協力 cooperation by Terasaki Egetsu
  • 五十嵐和博●撮影 photo by Igarashi Kazuhiro

──打順は状況によって変わりそうですが、サードには昨年終盤戦に5番で活躍した宮﨑敏郎が入ることで、ポジションはセカンド以外固定されたと言っていいですか?

ラミ いや、サードも競争になりますね。昨年の宮﨑は非常にいい働きをしてくれましたが、筒香の後の5番としてはまだまだ打点が物足りなく、まだ完全なレギュラーとは言えません。基本的には沖縄でポジションを争ってもらうつもりです。

──それではキャッチャー戸柱恭孝、ショート倉本寿彦、センター桑原将志の若いセンターラインが、昨年は揃って活躍してレギュラーを確固たるものにしましたが、彼らのことはどのように評価されていますか?

ラミ 桑原は1番センターのポジションを完全に掴んでいます。彼のセンターの守備はセ・リーグのゴールデングラブを獲ってもおかしくないでしょう。戸柱はチームの最も大きな課題だったキャッチャーというポジションで、1年目からレギュラーを掴みました。配球、ブロッキングが素晴らしく、今シーズンももちろん嶺井博希や髙城俊人を使いながらになりますが、戸柱が昨年と同じパフォーマンスを続けてくれれば正捕手でという気持ちを持っています。

 そして、倉本も昨年は本当によく打ってくれました。しかし、それ以上に倉本は守備での貢献が絶大です。リーグを見渡しても、彼以上にショートの守備をうまくできる選手は見当たらないと思えるほど、凄いディフェンスをしてくれたと思っています。

──ラミレス監督は就任当初から倉本選手の守備を高く評価されていますが、昨年の契約更改では高田GMが守備範囲の狭さを指摘していましたし、UZRなどの守備指標の低さが度々槍玉にあがります。それでも倉本の守備に絶大な信頼を寄せている理由は何なのでしょうか?

ラミ 確かに、昨年ショートのゴールデングラブを獲ったジャイアンツの坂本隼人と比べてみても、守備範囲は坂本の方が広いのかもしれません。ですが、エラーの数は坂本の16に対して倉本は6。僕が求める守備は確実にアウトを取ってくれること。そこまで広い守備範囲は必要とはしません。なぜなら、倉本のところに打球が飛んだ時点で、相手チームはその先の可能性はないと諦めるからです。倉本の守備は相手に絶望を与えます。今季も彼がショートにいることで、チームに大きなアドバンテージをもたらしてくれるでしょう。