2016.07.13

オコエと対決へ。フレッシュ球宴で鷹の大物ルーキーがベールを脱ぐ

  • 古江美奈子●文 text by Furue Minako
  • 共同通信社●写真 photo by Kyodo News

 イチロー、桧山進次郎、青木宣親、中田翔──。「ここでMVPを取った選手は大成する」といわれるプロ野球フレッシュオールスターゲームが、14日にマスカットスタジアム(岡山県倉敷スポーツ公園野球場)で行なわれる。

ウエスタン選抜の先発が予想される、ソフトバンクの高橋純平 ファームを主戦場とする若手選手やルーキーにとっては自らの存在をアピールするチャンスであり、各チームの首脳陣にとっては後半戦に向けて1軍で戦力として"使えるヤツ"を見出したい思いもあるだろう。

 出場予定選手のなかで話題となっているのは、イースタン・リーグ選抜に選ばれた高卒ルーキーコンビ、楽天のオコエ瑠偉とロッテの平沢大河。どちらもすでに1軍を経験しているが、特に6月から出場機会が増加したオコエは、身体能力の高さを活かした走塁と守備で存在感を発揮している。14日のフレッシュオールスターでは、打率2割付近と苦しんでいる打撃でも爆発し、後半戦に向けて弾みをつけたいところだ。

  イースタン選抜にはほかにも、楽天の次世代エースとして期待される安樂智大、大卒ルーキーながら9試合に登板している西武の多和田真三郎など、1軍のマウ ンドで奮闘している投手もいる。そのメンバーを束ねる監督の斎藤雅樹(巨人2軍監督)にとっては、自軍から選ばれた岡本和真、重信慎之介の野手2名も気に なるところ。選手層の薄さに悩む1軍に送り込めるような、派手な活躍をしてくれることを願っているに違いない。