2016.01.01

ラミレス新監督「就任秘話とベイスターズ改革のスゴいプレゼン」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva寺崎敦●協力 cooperation by Terasaki Atsushi
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

―― 去年、前半戦首位から最下位に落ちたように、DeNAベイスターズは乗ったときこそものすごい力を発揮しますが、ダメだとなった時の落ちっぷりも凄まじいです。

「今年の最大の目標としては『コンスタントに勝ち続けることができるチーム作り』です。そのためには、“選手が信じ続けられるチーム”を作ることです。負けが込んできても『オレたちは勝てる』、『また自分たちを浮上させられる』と、ポジティブな雰囲気で全員が『本当に勝てるんだ』と信じ続けられるようなチームを作るということです」

―― 監督が選手としてベイスターズに所属した最終年。2013年のシーズンは途中で二軍落ちとなりましたが、最後まで気持ちを切らさず熱心に練習を続けていました。それが“信じる力”のヒントになるような気がするのですが。

「はい。はっきり覚えています。その当時、チームは若手へ切り替えていく時でした。7月に二軍落ちして、横須賀に行った初日ですね。当時の二軍監督だった山下大輔さんにお話をさせていただきました。『僕は自分が再び一軍に上がるための準備をするために横須賀に来たわけではありません。もう僕のために時間を使わないでください。その代わり、残りの時間は自分が若手を指導することを許してください』と」