2015.10.10

元同僚が明かす、阪神CSのキーマン・福原忍&安藤優也の真実

  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 その安藤の良さを引き出したのは、当時の正捕手・矢野燿大の存在だった。

「矢野さんがよく言っていたのが、『サインに首を振れ』ということでした。要するに、『自分の投げたい球を決めろ。信頼してくれるのは嬉しいけど、投げたい球を投げられるようにならないといけない』と。捕手が感じるものと、投手が感じるものは違う。お互いの意見をぶつけることで、息が合ったリードができるようになると矢野さんは言っていました」

 福原と安藤――今や阪神にとって欠かすことのできない戦力だが、かつては若手の台頭や、たび重なるケガもあり、出場機会が激減。長く二軍生活が続き、引退をささやかれた時もあった。それでもあの時期を乗り越えたからこそ、今があると中谷氏は言う。

「ふたりとも長く二軍にいた時期がありましたが、今にして思えば、それがプラスになったのかもしれません。ずっと一軍にいながら、スタイルを変えることは絶対にできません。本人にとっては不本意だったかもしれませんが、二軍に長くいたことで、技術的にもメンタル的にも、ゆっくりと見直せる時間ができたのではないでしょうか。その時間があったからこそ、今年を含めここ数年の活躍につながっているような気がします」

 まもなく開幕するCSファーストステージで、阪神はケガにより抑えの呉昇桓(オ・スンファン)の出場が絶望視されている。これにより、福原、安藤のどちらかが代役を務めることになるが、彼らの経験値をもってすれば、この苦難を乗り越えられるはずだ。昨年に続き、CSを突破し、日本シリーズに進出することができるのか。阪神の命運は福原、安藤の両ベテランにかかっているといっても過言ではない。

関連記事