2015.09.07

真中監督が熱く語る「ヤクルト優勝への確かな手応え」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

―― 監督ご自身は、いつも通りにできていますか。

「内心はドキドキしていますけど、表向きはどっしり構えられていると思います(笑)。もちろん優勝を目指していますが、ウチはチャレンジャーですから。巨人や阪神、広島と違って、期待が高かったチームではありません。全員でミーティングした時もそのことを話したんです。『オレたちはチャレンジャーなんだから、思い切り戦おう』と。僕自身もそれを話したことで吹っ切れました(笑)」

―― 春のキャンプでは選手たちに“自主性”を求めていました。公式戦に入って、その成果は出ていますか。

「自主性に任せるということは、自分で考えて練習をするということで、実はいちばんきついことなんです。でも、効果は出ていると思います。自分たちで考えて、自分たちで試合をつくっていますよね。たとえば、川端や山田はポジショニングも自分たちで考えているし、捕手の中村悠平も内外野の選手に自らポジショニングの指示を出している。それこそが自主性ですよね。だから、とっさの判断が必要な時でも落ち着いてプレーできている。与えられたメニューだけの練習をしていると、どうしてもコーチからの指示を待ってしまいます。そういう意味で、この1年、選手たちはすごく成長したと思います」

ヤクルト の記事一覧>

関連記事