2015.07.02

失われたスピードを求めて。楽天・安樂智大「剛腕」への再挑戦

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 気安い昔馴染みの記者を見つけてなごんだこともあるのだろうが、安樂の口ぶりは驚くほど穏やかだった。

「これだけの大観衆の前で投げられたのは気持ち良かったです。でも、先頭バッターのフォアボールはキツかったですね。ボール的には徐々にきていたので、1アウト取れたらスピードを狙おうと思っていたんですけど、フォアボールを出しちゃったので(笑)。スピードうんぬんより、ストライクが入らないなと。焦っているうちにボークも取られちゃって……。あれ、いつものクセなんですよ」

 記者から「フォーム、大胆になってきた?」と聞かれると、安樂は高いトーンで「だいぶ大胆になってきたでしょう?」と応じて、続けた。

「腕も振れてきたと思います。あと一歩なんです。ステップ幅が高校までは6歩半だったんですけど今は6歩になって、その分、力があり余っている感じがあるんで、それを6歩半にしようとしているんです。体重移動がうまくいけば、もっと強いボールが行きます。今の状態で149(キロ)まで戻っているんで」

 とても強がりを言っているようには聞こえない。安樂にははっきりと自分の進むべき道が見えているようだった。これが今の安樂にとって最も明るい材料なのかもしれない。

 安樂智大がかつての安樂智大に戻り、さらに進化した安樂智大へとグレードアップしていくには、クリアすべきハードルはまだまだ多い。楽天は安樂をしばらく二軍で育成する方針を明かしている。いつか日本を代表する投手に成長するまで、本人も野球ファンも今はただ、我慢、我慢、我慢。多少「おかしい」と感じることがあっても、この大器を長い目で根気強く見守っていってほしい。

関連記事