2015.05.04

新外国人25名総チェック。「最強の助っ人候補はこの8人!」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

田口壮氏(元オリックス、カージナルスほか)

「身長193センチの大型左腕、広島のクリス・ジョンソン(6試合、3勝0敗、防御率0.82)は素晴らしいですね。まず、あの長身でマウンドに立たれたら、打者は距離感がつかみにくく、タイミングが取りづらい。それにボールが微妙に動き、低めに集められる制球力もあります。ボール自体はそれほど速くないのですが、打者にとっては厄介な投手だと思います。投手でもうひとり気になる存在が、ロッテのイ・デウン(6試合、4勝1敗、防御率4.19)です。150キロ近いストレートを投げられるのですが、それに頼ることなく緩急をうまく使い、非常に丁寧なピッチングをする投手です。顔もいいですし、これから人気が出てきそうですね」

山﨑武司(元中日、オリックス、楽天)

「今年は広島のクリス・ジョンションや中日のリカルド・ナニータをはじめ、日本の野球に適した選手が多いように感じます。なかでも期待しているのが、巨人のアーロン・ポレダ(投手/6試合、3勝1敗、防御率2.75)です。ウイニングショットであるストレートに力がある。日本人打者はどうしても強い球に力負けするので、この球はすごく有効です。さらに、緩急もつけられるし、コントロールも悪くない。勝てるピッチャーだと思いますね」