2015.03.09

オリックス中島裕之「打率も打点も本塁打も、全部こだわりたい」

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― なかなか思うようにいかない異国での戦い。ストレスを感じることはなかったですか。

「出来ものができた時はありましたけど、それも原因は食べ物だったのか、宿泊先のベッドにダニでもおったのか。それはわからないですけど(笑)。いずれにしても、野球をやるにあたってストレスを感じることはなかったです。

 アメリカには自分で決めて行ったわけですし、途中からは『どこでやってもええわ』っていう気持ちでやっていました。故障もあってアピールしないといけない時にできなかったり、やり切れなかった気持ちはありますけど、でも、アメリカに行って、向こうの野球がどんなものなのか、日本に入ってくる情報が実際とは違うこともたくさんあるとわかりました。そこは財産にしたいです」

―― 「やり切れなかった気持ちがある」とおっしゃいましたが、その「野球に対しての飢え」みたいなものが、今季のモチベーションになっているところはありますか。

「緊張感のある中でやりたいというのはいつもありました。向こうはマイナーでもお客さんはめっちゃ入りますし、どこの球場もきれいです。でもね、マイナーはその日の試合に勝った、負けた、打った、打たない、ただそれだけなんです。やっぱり数字や記録が残るところでやりたいし、久しぶりにそういう環境で野球をやれる喜びは感じています」

―― アメリカ帰りの野手が、日本球界に戻ってきて苦労するケースがあります。ボールの違い、投手の違い、体の変化など……。特にバッティング面で、以前と違う感覚が生まれてしまうことはあるのでしょうか。

「そこはまだこれからなので僕にはわかりません。アメリカに渡ってからもいろいろ細かい調整はしましたけど、西武にいた時から試合や打席によって変えたりしていたので、特にアメリカだからこうしなきゃとか、日本だからこうしようというのはないです。シーズンに入ってからも、いろいろ試しながらやっていくと思います」