2015.02.27

元チームメイトが語る「控え投手時代の黒田博樹」

  • 田沢健一郎●文 text by Tazawa Kenichiro
  • photo by Kyodo News

 牧野も黙々と走り続ける黒田の姿をよく覚えているという。

「雨の日でも練習が終わってからランニングされていました。私が本格的に投手になったのは最上級生になってからなので、黒田さんに投手として直接何かを教えてもらったわけではありません。でも、黒田さんの練習するに対する姿勢など、教えられるものはたくさんありました」

 溝下は黒田の能力を考えれば、後にプロで活躍したのも不思議ではなかったと話す。

「投手としての才能は最初から私や西浦よりもクロの方が上でしたよ。初めて間近でスライダーを見た時の印象は強烈でした。当時、私は3人の中で一番、安定していたから背番号1をもらえたのかもしれませんが、本当はクロがつけてくれたらなぁと思っていたくらい」

 同じ投手として惚れ惚れしてしまうボールを黒田は持っていた。しかし、実質2年半という高校野球の期間は、黒田という投手が安定してその力を発揮するにはあまりにも短すぎた。

「当時から、いずれはプロに入るだろうと思っていましたけど、まさか今のような選手になるとは想像できなかったですね。だって、今のクロはもう“神”のような存在じゃないですか。本当、僕たちの誇りですよ」(溝下)

「日本球界に復帰するにあたり、かつてお世話になった広島を選ぶ。黒田さんほどの投手だったら、選ぼうとしたらもっと金銭的に恵まれた球団を選ぶことだってできたはずです。そんな生き方も黒田さんらしいなと思います」(牧野)

 10代の頃、思うようなピッチングができず、もがいていた少年が、20年経ち、日本でも、アメリカでもトップを極める投手に成長する。黒田の野球人生は、「控え投手」の誰もが憧れるサクセスストーリーなのだ。

関連記事